付加年金の加入期間って?

国民年金保険料をお支払いになっていらっしゃるかたは、あともう400円を支払う付加年金に加入するとお得ですので、お勧めしていますが、この付加年金というのは、一旦、加入してしまったら、その後はずっと支払い続けなくてはならないものなのでしょうか。
そのへんも、気になりませんか。
付加年金の加入期間について、少しご説明してみたいと思います。
この付加年金という制度は、加入できる資格さえ満たしていれば、いつでも加入することが出来ますし、同様にいつでも止めることが出来ます。
国民年金保険料と同じように、付加保険料も納付期限が翌月の末日となっています。
ですので、もし付加年金を止める場合には、まだ前月分の納付期限が到達する前ということで、その分の付加保険料は払う必要がないということになっています。
多くの場合、一旦、加入なさったかたはそのまま継続しているようですが、時々やはり止めるかたもいらっしゃいます。
その理由といたしましては、月々400円の負担がきつくなった・・・というものはほとんどなくて、多くは国民年金基金のほうに加入するため・・・というものですね。
保険の掛け捨ては損なの?メリットデメリット【見直し迷っている方に...】